高速道路デビューする前に最低限押さえておきたい事

運転免許を取ったばかりの初心者は、高速に乗る時って緊張して肩に力が入って疲れたりしますよね。

 

そんな人の為にこれだけは知っておいて欲しいこと、準備しておいてほしいことを書きたいと思います。

 

まず高速に乗る時はタイヤの空気圧やガソリンの量などをチェックしておきましょう。お金10

 

空気圧はハンドリングや燃費に影響が出るのでガソリンスタンドなどによってチェックするのを忘れないようにした方が良いです。

 

そして最近は高速でETCを利用するのが定番になっていて、ゲートをスムーズに抜けられますし料金のETC割引もあるのでETC車載器を付けるのをおすすめします。

 

次に走行している時の注意点で、慣れるまでは走行車線を80km位で走ったほうが良いと思います。

 

また3車線で真ん中の走行車線を走っていたとします、サービスエリアや出口付近などが近付いてきたら早めに一番左の車線に移動してください。

 

もしも急な車線変更した時は高速道路なので後ろからスピードが出ている車に追突される心配もあるのでそこは注意した方が良いです。

 

そして渋滞が始まる時には後ろに合図をする代わりにハザードランプを点滅して走りましょう。

 

後ろの車もそれに気づいたらハザードを点滅してくれるます。初心者はこれらの事を知った上で高速を走行してみてください。