連絡手段と道路情報の確保方法

高速道路で自分の運転している車にトラブルが起きた場合は、ハザードランプを付け、後続車に車の異常を知らせます。できるなら路肩に車を止めます。そして、まず自分自身の安全を確保してください。その後、周りに気を付けながら、自動車用発煙筒をたき、三角表示板などの停止表示器材を車の後方に設置してから、道路緊急ダイヤル(#9910)に電話します。

 
停止表示器材は車の後方50~100m程度が良いとされています。設置するときは、はねられないように気を付けてください。

 
近くに非常電話機がある場合は、受話器を取ればすぐ話ができるようになっています。携帯から110番しそうになるかもしれませんが、それだと、警察本部経由で高速警察隊へ連絡が行くので、結果的に現場への到着が遅れ、道路電光掲示板に表示される道路情報の反映も遅くなります。

 
車が路肩に移動できない場合は、ハザードランプを付け、後続車にはねられないよう、怪我人が居る場合は、運びだし、怪我人と共に自分の安全も確保します。状況にもよりますが、事故車の前方に回り込んだ方が比較的安全です。自分の携帯を紛失し、どこにも伝える事ができない状態になっても、大事故なら目撃者が必ず連絡してくれます。それを信じて待ちましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。